Blog サムライフのブログ (最新情報/お知らせなど)

ファスティングのデメリット

ファスティングのデメリットに関しては、実際のお客様のケーススタディを例にお話しします。

【ケース1:肌荒れ、むくみ、倦怠感、筋肉量減少】
酵素ドリンクなどで、ファスティングを実施した場合、たんぱく質やアミノ酸の欠乏状態になります。たんぱく質は皮膚の構成成分のみならず、筋肉、酵素、ホルモン、血液成分、免疫体などの素材にもなるため、全身の健康状態を維持するために不可欠です。成人でしたら1日60〜80gが必要です。不足した場合は、皮膚の表面はカサカサになり、つやを失い、しかも細菌感染に対する抵抗力も弱くなります。低たんぱく血症は、血液中の浸透圧が低下し、それを調整するために水分が血液から組織のほうに移行し、むくみがひどくなります。更に落とし穴として、プロテインやアミノ酸などサプリメントで摂取した場合でも、肌荒れ・筋肉量減少が起こるケールがあります。実は皮膚の代謝には、いろいろなビタミンが関わっています。動物性食品に多く含まれている、ビタミンB1B2B6は補酵素として糖質や脂質の代謝、たんぱく質(筋肉など)の再合成に関与しています。たんぱく質を多く摂る人ほどビタミンB6の必要量が増えます。酵素ドリンクから糖質を摂取する場合、倦怠感やむくみを防ぐためにビタミンB1の必要量が増えます。ビタミンACは、粘膜を強化したり、コラーゲンの合成に不可欠で皮膚の健康を維持します。ビンの酵素ドリンクは加熱処理をしている場合が多いため、熱に弱い酵素やたんぱく質、ビタミンを摂取することが出来ないのです。
 
その他のケース:頭痛・貧血・冷え・便秘・イライラ・リバウンドも同様に人間の身体で起こる結果には、必ず原因があります。その原因から目を背けないで追求することが真の健康や美を手に入れる近道なのです。
0
    予防医学のおはなし
    comments(0)
    コメント
    コメントする








       

    TOPへ