Blog サムライフのブログ (最新情報/お知らせなど)

不定愁訴と向き合う

2014.03.26 | Wednesday

産まれた時点でなかった、身体の不調(不定愁訴)には必ず原因があります。

その原因を追求することが、予防医学には重要です。

見て見ぬ振りをせず、自分と向き合うのです。

もっとも多い原因は、

・物事の見方がネガティブ(無いものにフォーカスし、不平・不満・愚痴など・・・)

・自分で自分の人生に責任を持たない(医療依存、薬依存、他人依存、環境のせいなど・・・)

・身体にとって不必要なもの(砂糖、飽和脂肪酸、化学物質、添加物など・・・)が過剰!

・身体にとって必要なもの(酸素、水分、必須栄養素など・・・)が欠乏!

少しずつ、思考とともに日々の習慣(行動)を変えていけば、新陳代謝する細胞は変化しはじめ

体質は改善します。

イメージできますか?イメージが重要です。
0
    予防医学のおはなし
    comments(0)

    不定愁訴とは

    2014.02.28 | Friday

    具体的な不定愁訴とは、
     
    肩こり
    関節痛
    ぜんそく
    手足のしびれ
    息切れ
    冷え性
    口内炎
    肥満
    骨粗鬆症
    ガン
    貧血
    胃炎
    風邪
    足がつる
    高血圧
    頭痛
    便秘
    不眠症
    むくみ
    糖尿病
    疲労感
    下痢
    自律神経失調症
    うつ傾向
    脂質異常症
    倦怠感
    花粉症
    肌荒れ
    めまい
    服用中の薬の相談
    疲れ目
    アレルギー
    禁煙相談
    味覚障害
    腰痛
    アトピー
    不妊相談
    動悸
    他、様々な症状

    上記項目が2つ以上あてはまる方は、要注意です!

    喉が渇いてから井戸を掘っても遅いのです。

    お腹がすいてから、野菜の種を蒔いても遅いのです。

    病気は背後から、気付かない様に迫ってきています。

    不定愁訴を解決することに意識を集中しましょう。

    では、不定愁訴を解決するにはどうすれば良いのでしょうか?

    次回、ブログにつづく・・・
     
    0
      予防医学のおはなし
      comments(0)

      不定愁訴を理解しよう

      2014.01.17 | Friday

      誰にでもある小さな悩み、それが不定愁訴です。
      (不定愁訴:特定の病気としてまとめられない漠然とした身体の不調)

      不定愁訴から始まり、見えないところから迫ってくるのが大きな病気です。

      産まれた時点でなかった身体の悩みや不調が、いつから、どうして起こってきたのか?

      加齢? 体質? 遺伝? 環境?

      原因を外に向けてはいけません、なにかのせいにしてはいけません。

      まずは、自分自身の精神・生活習慣・食習慣を振り返り、原因の追求をしましょう。

      人間の身体は原理原則があります。

      不定愁訴にも必ず原因があります。

      自分自分と真摯に向き合い、症状と原因に興味をもつことから始めましょう。

      では、具体的な不定愁訴とはどんな症状があるのでしょうか?

      次回ブログにつづく・・・
      0
        予防医学のおはなし
        comments(0)

        TOPへ